• たていしじゅんこ

秋の養生

 秋は、気温の低下とともに湿度も低くなってきて、空気がとても乾燥してきます。   そのため、体の中で空気を取り込む役目を担う「肺」を中心とした鼻・口・喉などの、いちばん最初に外気に接する肺系統が、この乾燥により潤いを失ってしまい、さらには冷気も重なって、風邪やアレルギー性の鼻炎、気管支炎、喘息といった病気にかかりやすくなります。

 また、この「肺」と経絡(栄養物質と代謝物質の通り道)を通し密接に繋がっている「皮膚」も大きく影響を受けます。  


 鼻や口と同様に最初に外気に接する「皮膚」は、夏の暑い時期には毛穴を開き、皮膚呼吸や汗で、老廃物を代謝したり肌を潤したりしていますが、秋に入って寒くなると毛穴がキュッと閉じて、外気による外からと、肺系統などによる体内からの、両方の乾燥をうけて潤いを損ない、カサカサの肌荒れ、皮膚炎、じんましん、老人性の掻痒症等の症状を起こします。

そして、五臓六腑の中で「肺」と表裏の関係にあり、経絡でも密接に繋がっている「大腸」もまた、潤いが不足がちになり、便秘、痔、大腸炎などの症状が、普段に比べ増えてきます。

こうした乾燥により、「肺」やそれに付随した器官の働きが弱まると、漢方でいうところの体の中の「気・血・水」といったエネルギーや栄養物質の巡りが滞ってしまい、結果的に免疫力や抵抗力の低下を起こし、先に述べた風邪はもちろんのこと、インフルエンザやコロナのウイルスにも罹患しやすくなってしまいます。


秋に起こりやすい病気や症状の予防法


1. 軽いウォーキングなどの心地よい程度に継続できる運動や、日々、適度に体を動かすことを心掛ける


2.  お風呂に入る習慣をつける(適度な温度で、リラックスしてゆっくり入ることにより、軽い運動と同様に、血流を良くして免疫力や内臓機能を高めてくれる。また秋に多いメンタル疾患の原因となる自律神経のバランスも整えてくれる)

3.  外出時の気温に合わせた衣服の調節(秋の風による冷えや乾燥から体を守る)

4.  睡眠の取り過ぎに気をつける(長時間横になっていると深い呼吸がしづらくなり、肺に負担がかかる。できるだけ早寝早起きで体のリズムを整える)

5.  梨・ぶどう・柿といった果物や、きのこ・れんこん・芋類といった野菜など、秋の旬のものを食べて肺を潤す


旬の果物である「梨」はオススメの食材で、肺を潤し全身の水分を補い、咳や痰、喉の痛みをやわらげ、利尿作用でむくみも解消します。(ただ食べ過ぎは体を冷やすので禁物)また「白きくらげ」もオススメです。水分だけでは補うことのできない深い渇きを癒して、呼吸器系を潤しながら肺や腎の働きを助け、肌にもハリと潤いを与え、乾燥によるシワの予防もしてくれます。


  乾燥した秋に多い病気や症状などが現れはじめたら、肺を潤す生薬を主薬とした「麦門冬湯(ばくもんどうとう)」、腸を潤す「麻子仁丸(ましにがん)」肌を潤す「当帰飲子(とうきいんし)」「温経湯(うんけいとう)」といった漢方薬で、早めの対応を行うことが良策です。

漢方系サプリメントでは、「スーパー紅景天(こうけいてん)」「通竅(つうきょう)」「肺風草(はいふうそう)を用いることが多いです。

食べ過ぎず、心地よく出来る運動をして、しっかりと養生することを心掛けながら、秋を楽しんで下さいね。




⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️⭐️

ヘルシーBOX立石薬店

大阪府守口市藤田町5丁目4ー3  0120-868-203

https://www.tateishiyakuten.net/

営業時間:10時〜19時   土曜日のみ16時まで

店休日:日曜日、祝日

🌸商品の発送承っております。

  https://healthybox.thebase.in/

🌸オンライン相談受付中  まずはお電話でご連絡ください。

🌸ご相談でのご来店はご予約をお願いいたします。

🌸ヘルシーBOX立石薬店SNS  https://linktr.ee/tateishiyakuten

🌸LINE公式アカウント 「@tateishi」 又は、「ヘルシーBOX立石薬店」で検索

11回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示